創業80余年、鴻巣の老舗写真館が大規模リニューアル!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 10

中山道の商店街は宿場町だけあって、古くから営業しているお店がたくさんあります。

しかし、お店への設備投資というのはなかなか厳しい昨今。

設備・店舗が古く、後継ぎがいないためか、そのまま閉店してしまうところも少なくありません。

さびしいですね。。。

 

そんな中、鴻巣は勝願寺の前にある写真館、池沢スタジオがリニューアルしたとの情報が!

早速取材に行ってきました。

 

池沢スタジオは1927年(昭和2年)。

今から90年近くも前、初代池澤喜三郎氏によって創業されました。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a366

1927年当時の池澤寫眞館。建物に時代の趣を感じます。

 

以降,時を経るにつれ、建物も時流に合わせて改築を重ねてきました。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

こちらは建て替えを行った後、2代目・3代目と従業員の方々で撮った写真。

当時としてはモダンな建物でした。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a35

こちらは3回目の改築を行った後の写真。名前も「池沢スタジオ」となっています。現在の鴻巣在住の方にはなじみの深い建物かもしれません。

 

そして2016年、4回目のリニューアル。

外観よりも内部の設備を重視したようです。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

入口を入ると、創業当時のカメラが。

20161023_172421
カメラに重ねてきた時代を感じます。

 

20161023_161227

階段を上がっていくと、クラシックな応接がお出迎え。

敷いてあるのは50年以上経過したペルシャ絨毯。

 

そしてスタジオ。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

20161023_160721

広々としたスタジオは天井も高く、とても開放的。

20161023_161833

カメラはデジタルとフィルム両方のカメラを用意していますが、今はほぼ100%デジタルでの撮影だそうです。

20161023_160708

フィルムは保存も大変なので、確かにデジタルの方が圧倒的にお勧めですね。

 

20161023_160417

そして今回の改修のこだわりはここ。

スタジオで女性が立っている足元の右側がアール字の壁になっているのがわかりますでしょうか?

これは白ホリゾント(1面R白ホリゾント)というスタジオ設備で、写真撮影時にスタジオの広がりなど、さまざまな効果が表現できるもの。

映画スタジオなどでは見られますが、営業写真館では埼玉県ではもちろんのこと、全国でもあまり例のないプロフェッショナル用設備なのです。

鴻巣にそんな写真スタジオがあるなんてびっくりですね。

 

今回のリニューアルに携わった池沢スタジオ4代目、池澤貴勇氏は

「写真は卒業式や成人式のようなハレの日だけなく、普段着で気軽に家族写真を撮りに来てほしい」と語ります。

子供の成長は刻一刻と変わっていくもの。

小学校1年生の子供の姿はその時にしかありません。

そんな子供の成長の記録を残していけば宝物になるのではないか。

そして撮った写真は押入れの奥に眠らせず、インテリアのような形にして、家に飾っていけるようなれる写真を撮りたい、と。

 

20161023_164347
【写真をインテリアして飾れるような仕掛けも】

 

鴻巣の地で連綿と続く写真館のこだわり。

鴻巣の地に根差したホームフォトグラファーとして、地域の方々の写真を撮っていきたいという思い。

地域の活性化にはこのような心が大事なのかもしれません。

 

スタジオは見学も可能とのこと。

一度覗いてみてはいかがでしょうか?

 

店舗名 :池沢スタジオ

場所  :鴻巣市本町8-5-1

営業時間:9:00 – 18:30

休業日 :木曜日(臨時休業日あり)

問合せ :048-541-0011

HP・ブログ:http://www.ikezawa-studio.com
http://isj.mamagoto.com
※不定期で写真整理のワークショップやアルバムカフェを開催を計画中
詳細はブログにて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>