鴻巣の模型店、ホビーワイドが閉店

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 10

鴻巣の中山道に出店していた模型店、ホビーワイドが2018年4月9日をもって閉店となりました。

1975年の創業以来40年以上もの間、プラモデル専門店として鴻巣のホビー産業を牽引してきており、

多くのファンから閉店を惜しむ声が上がっています。

キャプチャ

 

残念ながら閉店してしまったホビーワイドですが、このように長年鴻巣市民に親しまれてきたお店が閉まってしまうことが多々あります。

その理由は何かあるのでしょうか?

業界全体の動向から推測しました。

 

【プラモデル業界は斜陽産業か?】

プラモデル業界自かが落ち込んでいるのでしょうか?

下記の表は業界の市場規模推移です。

キャプチャ

これを見るとプラモデル業界の市場規模はむしろ増えている傾向にあります。

市場の縮小が原因ではないようです。

 

【競合の出店】

近隣にプラモデル店が新たに出店したという話は聞きません。

ただ、近年ヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店では家電だけではなく玩具も置く傾向にあります。

特に玩具に力を入れて差別化しているのが大阪に本社のあるジョーシンです。

キッズランドという販売エリアをつくり、おもちゃ、TVゲーム、そして模型を販売しています。

そのジョーシンは2012年12月に17号沿いAPITAの近くに鴻巣店をオープンしています。

shop_pic1823
出展:ジョーシンHPより引用

 

【小売業界の構造変革】

amazonをはじめとしたネットでの取引は年々増大しています。

これにより実店舗の売上が大幅に下がっています。

おもちゃのトイザらス米国法人がamazonの影響で2017年9月に破産法を申請したことは流通業界に衝撃を与えました。

 

プラモデル業界でも「ホビーサーチ」や「ホビーコレクティブ」といった有力な販売サイトも売上を伸ばしており、

ホビー業界におけるeコマース取引の割合は全体の30%にものぼります。

実店舗での販売は大きく下がりつつあるのです。

 

このような厳しい業界の状況下、ホビーワイドは鴻巣のファンのために健闘してきたといえます。

いままで長い間ありがとうございました。

c6033_01

c6033_02

c6033_03
営業中の様子。出展はいずれも「地域でがんばる元気な商店」より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>