鴻巣に5つのステージと50のアーティスト!中山道野外フェス2016、10/16(日)開催!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 10

2016年10月16日(日)に中山道野外フェス2016が開催されます。

昨年に引き続き2回目の開催となる今回は、中山道が歩行者天国になり、近辺に5つのステージが設置され、50アーティストが出演を予定しています。

昨年度が3つのステージに20のアーティストでしたので今年は倍の規模。

さまざまなアーティストがパフォーマンスを繰り広げます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a311

 

①、仲町会館前は「花吉ステージ」と銘打ち、吉見の道の駅にある花吉さんがスポンサード。

市内外で音楽活動を行なっている久保田さんと岩崎さんがプロデュースするステージです。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3121
   【昨年のステージの様子】

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33
【今年の花吉ステージプログラム】

第11回おやじバンドフェスティバルでグランプリをとった「バターロール」やエイベックスのダンスプログラムを取り入れているスウィン鴻巣スポーツクラブなど、音楽、ダンス、演武と様々です。そしてトリはベリーダンス。

o0491028613459226771

バラエティに富んだステージ構成となっています。

 

②、ひなの里ステージはプロのミュージシャンとDJが中心。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

鴻巣市内にスタジオを持つWay out studioがプロデュースし、東京などで活躍するミュージシャンをブッキングしました。

ジャンルはスカ・ファンクなどで、トリのMAJESTIC CIRCUSまでファンキーなミュージックで踊り狂ってみてはいかがでしょうか?
%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%8911
【ここが鴻巣?というほどファンキーなステージだった昨年】

 

③、鴻神社ステージは神楽殿で開催!

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

北本在住のプロデューサー奥田さんがブッキングしています。

60年代アメリカのフォークから北本高校の軽音楽部まで15のグループが出演。

12923357_261153210883698_3220697556345228108_n

神楽殿でライブが開催されるというのも珍しいですね!

 

④、JR東日本ステージは東口降りてすぐの駅前で開催!

1

さいたま市在住で全国で音楽イベントを行っているFREE ART MUSICがプロデュースします。

駅降りてすぐですので、市外の方はまずこちらをご覧になってみては?

 

⑤、生田歯科ステージにはDJブースを設置。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a35

北鴻巣で海外音楽のプロデュースを行なっている西崎プロデューサーがコーディネート。

DJの飛び入り参加も歓迎ですので、興味ある方はレコード・CDを持ってきてターンテーブルを回してみてはいかが?

 

花吉ステージには飲食店・アトラクションブースも出店。

ドリンク販売の岩松屋、タコ焼きなどのバービーズ、グッズをプレゼント予定のサイエンスホーム、キッシュやイタリアン風サンマグリル、フモス、スズメバチ酒、はちみつなどのFKA +さいたまみつばちなどが出店します。

当日の天気予報は大丈夫そう!

入場無料・投げ銭式ですので気軽に覗いてみてはいかがでしょうか?

 

イベント名:中山道野外フェス2016

日時   :平成27年10月16日(日)11時~19時(ステージによって異なる)

場所   :鴻巣駅東口中山道沿い

観覧料  :入場無料(投げ銭方式)

問合せ先 :048-578-8222(街活性室㈱)

主催   :中山道野外フェス実行委員会

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>