鴻巣カフェ巡りvol.4 『78coffee』  ~吹上のこだわり自家焙煎豆店~ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 9

休日は、バスケットに自家製オードブルと赤ワインを詰めて、荒川リバーサイドでおひとり様ピクニック。

BGMは川のせせらぎ。

そんなスローライフを送りたい、編集員1号です。

 

そんな生活をするには、まずは隠れ家カフェから探さなくては。

第1回目は鴻巣駅西口のKUTAーKUTAさん。 ⇒記事はこちら

第2回目は鴻巣駅東口の兎画房さん。      ⇒記事はこちら

第3回目は川里の63カフェさん。       ⇒記事はこちら

 

第4回目の今回は、鴻巣は吹上にある78coffeeさん。喫茶はなく、豆の販売のみのお店です。

前回、63cafeの読み方は「ロミカフェ」。

今回、78coffeeの読み方は「ナナハチコーヒー」とのこと。

なるほどー。

 

さて、78coffee。

またもや迷います。

このシリーズ、今回4回目ですが、だいたい迷っています。

鴻巣市内の隠れ家カフェって、看板もほとんど出さないので、本当に隠れているのです。

こういったお店を探しだすのも楽しみの一つですね。

 

見つからない、見つからない。。。。。

自転車でぐるぐると。

ん?

住宅街の通り沿いに。。

20150523_135708

見えるでしょうか?

右側の電信柱に茶色の小さな看板。

20150523_135720

もっと近づくと、Pの文字が。

どうやらここのようです。

 

20150523_135650

わきに入り口が。

看板出てますね!

しかしこの扉あけるのはちょっと勇気いりますね。

中に入ってみると。。。

IMG_7361

2坪ほどの店内にはさまざまなコーヒーや雑貨などが所狭しと並べられています。

 

20150523_134415

お菓子っぽいものや、小物関係。

 

20150523_134330

コーヒーミルやコーヒー入れる用のケトルなどのグッズ。

20150523_135558

カップも充実!

20150523_134321

そしてもちろんコーヒー豆!

 

 

20150523_134433

オーナーの渡辺さん。

コーヒー豆は商社を通じて世界中から集めているそう。それも生豆の状態のままでだそうです。

そして店内に設置されている専用の焙煎機を使ってオーナー自ら焙煎!

20150523_134446

 

焙煎技術は機器メーカーに積極的に出向いて技術を高めるなど、コーヒーにかける想いは並々ではありません。

お店に出しているのは17~18種類で、豆の販売のほかに、1杯どりのドリップコーヒーも販売しています。

20150523_134336

パッケージもお洒落ですね~。

 

パッケージはデザイナーに頼んで、印刷しているのかと思いきや、全部手作りだそう。

 

え?

プリンターで印刷しているの?

 

20150523_134940

これ、なんだかわかります?

20150523_135029

20150523_134944

これ全部消しゴムハンコ!

オーナーが手作りで消しゴムに彫ったもので、

これを押してパッケージデザインにしているんですって。

これはナンシー関もびっくり!

 

あと、ドリップコーヒーも淹れ方によって味が全然変わるのだそう。

コーヒー好きな方、ぜひ一度訪れてみて、いろいろとお話うかがってみては?

 

店舗名 :78coffee(ナナハチコーヒー) 注)喫茶はありません

所在地 :鴻巣市前砂427-10

HP    :http://78coffee.mods.jp/

問合せ先:048-538-8527

定休日 :水曜・日曜・祝日定休

営業時間:10:00~18:00

駐車場 :あり(小)

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>