3代続く鴻巣の老舗料理店「大正家」。生き残り続ける秘訣は「変革」にあった!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 10

鴻巣の料理屋の一つに「大正家」というお店があります。

 

創業は大正元年。

現在は本町4丁目(御成町)にお店を構えていますが、昔は本町1丁目(本一町)にありました。

現在のところに移転したのは37年前とのこと。鴻巣でも指折りの老舗です。

 

20150719_133105

ここが大正家のある御成町レンガ通り。

 

20150719_133301

どっしりした門構えです。

 

鴻巣には昔料亭や料理店がいくつもありました。

しかし時代の流れとともに淘汰されて、長く残っているのは大正家くらい。

なぜ、生き残り続けられるのでしょうか?

 

実は大正家さん、6月末にプチリニューアルをしました。

日本酒の貯蔵冷蔵庫を新たに入れて、国内の杜氏から集めたまだあまり知られていない銘酒を出し始めたとのこと。

20150719_133343 20150719_133400

また、食材も独自開発した仕入れルートを確保して、北海道から九州まで様々な海の幸を仕入れています。

 

こちらが金龍。宮城県の㈱一ノ蔵の小さな金龍蔵で仕込まれるフルーティな香りのお酒。生産量はごく僅か。

20150719_135623

 

そして「まつもと 守破離(しゅはり)」(左)。

京都伏見の老舗蔵、松本酒造の若き跡継ぎ杜氏が仕掛けた精米65%の透明感のある旨み!

20150719_135537

 

そして、ワインのようなラベルの「新政 生成(エクリュ)」。

「ナンバー6」など、日本酒の新たな分野を開拓する秋田の酒造、新政が手掛ける刺激的な食材・洋食にも合う海外向けに作られたお酒です。

20150719_135229

 

このほかいくつかのお酒の中から若女将である八重さんがお勧めをチョイス。

20150719_133552

3種類のためし飲みもできる利き酒セットがお得!(800円)

 

20150719_133504

焼酎もありますよ~。

 

11749292_590738054402845_1523006669_n

 

正子さん(左)と八重さん(右)。

 

正子さんによると、鴻巣に料亭・料理屋が鴻巣にいくつもあった時代に、大正家さんは先んじてランチを始めたそう。

ランチは営業時間も長くなるため、お酒を出すお店はあまりやりたくないもの。

やらなかったお店は結局淘汰されていったことでしょう。

 

また、昔流行ったいけすも他店に先駆けて入れています。

 

他にも八重さんの妹さん,圭子さんが十数年前に大正家さん閉店後から26時の間『ちょっとBar』と銘打って深夜営業のカウンターバーを企画したのだとか。

20150719_133410

現在ある鴻巣のBar『yesterday』は22時~26時が賑わっていますので、これも先見の明ありですね。

 

加えて大正家さんではたびたびイベントを開いており、7月25日(土)19時半~で流しイベント(店内に流しが来てリクエストする曲を100円で弾いてくれる!)や9月26日(土)は女優の二宮さよ子さんの語り会が開催(どちらも予約制)。

10454305_1567799780116534_412416750751382730_n
流しの森さん。県内で活躍するシンガーソングライターです。

 

201311ninomiya-sayoko

そして女優の二宮さよ子さん。迫力ある語りは必聴!

 

このように競合から半歩先駆けて、いろいろなことを試みてきた大正家。

中には様々な失敗もあったでしょう。

しかし3世代に渡って変革し続けたこと、これが100年続く老舗を形作ったのかもしれませんね。

 

変革し続け、日本酒がさらに充実した、大正家。

一度いかれてみては?

 

店舗名 :大正家

住所  :鴻巣市本町4-9-25

営業日時:水曜以外営業 11:30~13:00、17:00~22:00

問合せ :048-541-0073

 

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>