~豪華にお寿司ランチ 『ゆき寿司』~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 9

こんにちは!

鴻巣NEWSです。

 

こうのすでランチしてきました。Vol.3 をお送りします。

 

気付けば2月も残り僅か。

少し暖かくなったと思ったら、肌寒い日が続きますね。

 

さてさて!

先週更新した

焼肉『味庵』のランチ記事、

読んで頂けましたでしょうか?

(焼肉『味庵』 ランチ記事はこちら↓↓

http://konosu-news.jp/gourmet/post-3070.html )

 

先週に引き続き、鴻巣NEWSが鴻巣のランチ情報をお送りいたします!

 

今回はこちらのお店にお邪魔しました。

 

IMG_3565

 

 

江戸前活魚料理『ゆき寿司』

 

以前、鴻巣NEWSが告知させて頂いた

津軽三味線奏者・土生みさおさんのLIVEが開催されたお寿司屋さんです。

土生みさおさんのLIVEは2月18日(日)に開催されました。

津軽三味線のLIVEは不定期開催されています。

 

場所は鴻巣駅東口の埼玉りそな銀行を右に曲がった

「ひなの里通り」を直進し、徒歩10分ほど。

 

IMG_3566

 

 

かつて開催された鴻巣街バルにて、

抜群の人気を誇ったお店であり、

その時の売上も1・2を争ったほどだそうです。

 

地元・鴻巣をはじめとした

数多くのお客様に親しまれています。

 

「お寿司屋さんのランチってどんなメニューなんだろう?」と、

期待に胸を膨らませ、お店に入ろうとすると…

 

IMG_3567

 

 

「当店のおすすめ」という立札が。

 

ランチ限定メニューは、

味噌汁とコーヒー付きで、にぎり寿司が10貫 1,600円。

 

味噌汁とコーヒー付きで、豊富なネタのにぎり寿司~!(^^)!

楽しみだなぁ~(#^.^#)

 

もちろん、 ランチ限定メニューを注文しました♫

 

 

IMG_3568

 

 

こちらが、『ゆき寿司』のランチ限定メニュー にぎり寿司10貫と味噌汁(1,600円)

 

IMG_3572

 

 

ウニやいくら、穴子に海老にマグロに卵など定番の寿司が並んでいました。

 

 

ネタが新鮮で、

食べごたえアリです!(^^)!

 

おいしいネタの中でも、

トロとサーモンは脂が乗ってて、

口の中がとろけそうでした(^^)

 

ウニは醤油をつけなくても美味しかったです!

IMG_3575

 

 

味噌汁は、

海老の出汁が出ており、美味しいです♫

 

IMG_3578

 

 

食後のコーヒーでまったり!(^^)!

 

IMG_3579

 

こちらは店内の様子。

カウンターはお寿司屋さんの風格が感じられますね。

 

 

 

IMG_3583

 

 

ゆったりとくつろぎやすい椅子席に。

 

IMG_3580

 

 

掘りごたつ式のお座敷席もあります。

 

IMG_3584

 

 

ゆき寿司のご主人。

 

とても気さくなご主人で、様々な話題を提供して下さいます。

 

また、取材当日は、

ご主人とお話を楽しまれている常連さんも多く来店されていました。

 

 

海なし県・埼玉の鴻巣市ではありますが、

新鮮で美味しいお寿司を食べる事のできる「ゆき寿司」へ

足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

下記が店舗情報です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■店舗名:ゆき寿司

 

■住所:鴻巣市本町5-6-39

 

■営業時間

(ランチ)

◎11:30~14:00(ラストオーダー 13:30)

(ディナー)

◎17:00~22:30(ラストオーダー 22:30)

 

■定休日:月曜日(月1回日曜休み)

 

■お問い合わせ:048-542-1234

 

■駐車場:有り

 

 

以上、今回も鴻巣NEWSが鴻巣のランチ情報をお届け致しました。

 

次回をお楽しみに!

 

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>