鴻巣東口駅通り再開発、着工へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 10

鴻巣駅東口の再開発が3年後の完成をめざし、2017年に工事着工予定となっています。

現在のエルミこうのすSCを含めた鴻巣駅東口再開発は最終段階に入りました。

 

今回の再開発部分は下記図面の駅通り地区にあたります。

1111
【鴻巣市ホームページより】

 

図面のうち駅前広場・A地区は既に完成、A地区に当たるエルミSC・エルミアネックスは様々なテナントが入り、駅前の集客誘因となっています。

47109_31-01kitakounosu

画像 003

 

今回の駅通り地区は低層の店舗が立ち並ぶ一角です。

konosu4
【tamagazou.machinami.netより】

 

鴻巣駅東口駅通り地区市街地再開発組合などの発表によると、ここに新しく14階建ての複合施設が建設予定となっています。

1457262728943
【建物完成予想図】

 

同地区の地権者などでつくる再開発組合は2016年3月に組合設立の認可を埼玉県から受け、約1.2ヘクタールの土地に共同住宅と商業施設・立体駐車場を建てる予定です。また、中山道に面する1,850平方メートルは多目的公園として整備されます。

なお、商業施設は1階部分に約15店舗、住宅戸数は195戸の計画です。

駅通り地区は2017年に工事着手し、2019年の完成を目指しています。

なお保留床(施設や建物のうち、地権者が取得する権利のある床以外の部分)については店舗部分が(株)長谷工コーポレーション、住宅部分は(株)マリモが取得する基本計画となっているため、空き店舗のリスクが行政や地権者に及ぶ心配はないようです。

鴻巣市の原口和久市長は「市長就任の頃から、駅通りの再開発は中山道までが重要だと考えている。今後も組合などと連携して、再開発をしっかりと進めていきたい」と地域活性化に期待を寄せたコメントを発表しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>